これって粉瘤!?粉瘤とは、どんな症状なの??

粉瘤の治療を受ける前に知っておきたい失敗しない病院の選び方!

粉瘤(ふんりゅう)の手術を行おうとしてもどの病院を受診すればいいのか迷ってしまうこともありますよね? 粉瘤の治療を専門に行っているのは皮膚科と形成外科の領域となります。 顔などのデリケートな部分の手術を考えている方もいるでしょう。

そんな方のために正しい間違いのない病院選びを紹介していきます。 どうぞ参考にしてみてください。

粉瘤治療をお願いする病院の選び方

病院の実力

今ではインターネットや雑誌などで有名な実力病院をすぐに探すことができます。 探すときのポイントは「くり抜き法」を行っているかどうか?症例数が多いか? 受診しようとしている皮膚科病院、形成外科病院に専門医がいるかを調べてください。

総合病院の皮膚科や形成外科でもいいのですが、基本的に素早い対応ではありません。 当日に粉瘤の手術が行われることはほぼありません。

個人でやっているようなクリニックだと、受診したその日に粉瘤の手術が行われることもあります。 時間に余裕がない方は総合病院を選ばない方がいいでしょう。

また、持病をお持ちの方は、万が一のトラブルにもすぐ対処できるよう総合病院の皮膚科、形成外科を受診した方がいいかもしれません。

執刀する医師

いくら有名な病院を選んでも、執刀をするのが専門医の資格もない医師だと不安になりますよね? 大きな病院だと、若い医師に練習を積ませるためにこのようなことになることがあります。 必ず誰が執刀をするのか聞きましょう。

もし執刀を専門医が行ってくれないのであれば、粉瘤の手術をキャンセルする勇気も必要だと思います。

手術後のアフターフォロー

手術のしっぱなしで終わる病院ではいけません。「くりぬき法」ですと再発のリスクもあります。 もし再発したときもすぐに対処できるのかなど調べておいてください。

粉瘤の手術をした後は痛み止めに抗生物質を処方されているでしょうが、傷口が痛むことがあります。 どうしても我慢できない、傷口がおかしいと思った時に連絡をしたらすぐに見てくれるかなども重要なところです。

手術の料金設定

粉瘤の手術はその病院によってかなり違ってきますが、通常は1万円前後に収まると思います。 良い病院は無駄な検査や投薬をしないことです。

手術で取った粉瘤はガンの可能性もあり組織検査をセットで行っている病院もあります。 その場合は通常より数千円の料金UPとなります。 インターネットで粉瘤の手術料金が詳しく載っているところは信頼がおけると思います。

また受診する前に、病院に連絡をしてだいたいいくらぐらい料金がかかるか聞いておいた方が安心ができます。

粉瘤について更に知る