これって粉瘤!?粉瘤とは、どんな症状なの??

粉瘤(ふんりゅう)って何?粉瘤ができる原因と症状の治療方法

粉瘤の写真

粉瘤腫(ふんりゅうしゅ、 atheroma (アテローマ))とは皮膚の外に落ちず、袋の内部に出来た腫瘍の総称です。 表皮嚢胞、類表皮嚢胞とも言われることがあります。

粉瘤を脂肪の塊と思われている方が多いかもしれませんが、それは間違いです。 粉瘤は脂肪の塊なのではなく、皮膚の下に出来た内袋に垢や老廃物などの汚れや角質が溜まっていき、瘤状になり硬化することによっておきます。 この塊が粉瘤というものです。脂肪のような柔らかいものとは全然違います。

粉瘤ができる原因とは?粉瘤発生のメカニズム

粉瘤の原因ですが、毛穴のつまりや虫刺され、外傷が原因となることまでは分かっているのですが、 ほとんどの粉瘤発生のメカニズムは解明されていません。 いろいろな説があるのですが、どれも確定的なものではありません。

仮説の一つとして毛根を形成する組織の一部に刺激を与えることに皮脂線が活性化するためというものがあります。 近年の研究ではウイルスの感染が原因とする説がもっとも有力となっています。 とはいえ、原因が分からないため効果的な予防法も確立できていのが現状で、難しい病気であることに違いはありません。

粉瘤ってどんな症状のことを言うの?

粉瘤は良性の腫瘍であり皮膚皮下腫瘍の中でもっともよく見られます。特徴としては小児から成人まで年齢性別に関係なくなります。 部位も頭からお尻、手足の先と全身にできます。皮膚表面に直径数ミリから数センチのしこりができ徐々に貯留されて盛り上がってきます。 とくに顔など頭周辺(首、耳、頭皮など)にできやすい傾向にあります。
発生しやすい身体の部位

粉瘤の大きな特徴として中心に黒い毛穴があり、進行してしまった時には膿を持ってしまう事があります。 そこを押すと白い粥状が出てくることがあります。この白いものは垢や老廃物のため、とてつもなく臭いです。悪臭と呼べるレベル。 その臭いは腐ったチーズと形容されることがあります。

またその場所で細菌感染が起こると炎症がおこり、悪化すると激しい痛みが生じることもあります。 この症状は炎症性粉瘤と呼ばれます。ここまで来ると早急に病院を受診した方がいいでしょう。

粉瘤の治療方法は?外科で切除しかない?

西洋医学的には粉瘤は皮膚腫瘍なので、完治には外科的に切除するしかないという考えになります。 治療や相談は皮膚科、又は形成外科が対応可能の診療科となります。 治療は粉瘤の小さいうちに受けたほうがいいです。

他の治療法としては昔からある民間療法にもさまざまなものがあります。 効果が見込めるもの、見込めないものがあるので注意が必要です。

粉瘤について更に知る